家庭用脱毛器マニュアル

家庭用脱毛器家庭用脱毛器マニュアル

クラリスフラッシュの特徴や口コミってどう

「クラリスフラッシュ」は光脱毛式の家庭用脱毛器です。

光の照射範囲は10ミリ×30ミリです。レーザー脱毛式の家庭用脱毛器に比べると格段の広さです。だいたい90本程度のムダ毛を一気に処理できるそうです。

また、光脱毛はレーザー脱毛のようなお肌への負担はありません。痛みもお肌のあれも少なくなっているので大助かりです。

ワキや脚、Vラインなど一般的な家庭用脱毛器が使える範囲ならば、当然のことながらちゃんと使えます。

さらにうれしいことにも、男性のヒゲも得意なのです。「男性が使いたい家庭用脱毛器ナンバーワン」なんて呼び方もあるようです。

ほかの家庭用脱毛器では顔への照射はしないように説明書に書かれていることが多いです。また、顔へ使えるものがあっても、実際には「無理ではない」という程度だったり、発光部分であるカートリッジを交換したり、ということが多いです。

が、クラリスフラッシュではそのまま使えます。

男性のヒゲは毛根などもしっかりしているので、ちゃんと効果があるかどうかも気になるところです。

が、実際に使ってみた人の口コミでは、「お肌へのダメージも少なく、それでいてちゃんとヒゲが生えなくなった」という声が多いようです。

いくら男性も美容に気を配るような時代になったとはいえ、実際にエステに通うのはちょっとためらわれますから、こういう家庭用脱毛器があるのはうれしいですよね。

もちろん、女性が使っても効果を発揮します。特に部品交換なし、ボタン一つ押すだけで美顔器に早変わりするのは、きっと重宝するでしょう。

フラッシュ脱毛ってどんな特徴がある?

かつてはサロンでの脱毛といえばニードル脱毛でした。先端に熱が発生するごくごく細い金属棒を毛穴にあてていく方法です。

が、今はこれは全く少数派になり、多くのエステではフラッシュ脱毛が採用されています。

家庭用脱毛器でもこのフラッシュ脱毛の機種が中心になっています。

太陽光に近いような光を発生させ、フィルターを通過させることで、そのうちの必要な波長だけをお肌にあてる、という方式です。

また、最初から必要な波長の光だけを発生させるものは、レーザー脱毛と呼んで区別しています。

フラッシュ脱毛のメリットとしては、まず、お肌の負担が少ないことです。照射範囲もレーザー脱毛に比べ広いです。

ということは、より痛みの少ない光を、より少ない回数で済ませることができる、ということです。

ただ、脱毛の効果は家庭用の機器どうして比べてもレーザーよりは落ちるようです。

フラッシュ脱毛を検討する場合、「サロンでやってもらうか。家庭用脱毛器で自分でやるか」で迷うこともあるでしょう。

安全性からどちらと結論を出す人もいるでしょう。

もし、金額で考えるのならば、家庭用脱毛器には少し注意が必要です。

本体の金額だけではなく、消耗品の金額がけっこうかかる機種があるのです。この消耗品は主に発光部分で、カートリッジ化されています。

もし、実際にどれだけかかるかを考えるのならば、自分が脱毛しようとしている範囲をしっかりと考え、それには何個程度のカートリッジが必要か考える必要があります。


先頭へ
Copyright (C) 2014 家庭用脱毛器マニュアル All Rights Reserved.